効率的な勤怠管理ができるツール|便利に使えるビジネスチャット

ビジネス

社会問題のうつ病

オフィス

従業員の健康をもまるためにストレスチェック制度は大切です。うつ病はもはや社会問題です。うつ病を防ぐためにも義務化されていない会社でも従業員のストレスには注意しましょう。

詳細を確認する

秘書の代わりに電話受付

執務スペース

会社にかかってきた電話を対応してくれる秘書代行サービスがあります。忙しい時や会社にいなくても電話対応できるため大変便利なサービスです。また英語で対応できる業者もあります。

詳細を確認する

リアルタイムで送信できる

オフィス

リアルタイムですぐに情報をオフィスの人へ伝える方法として、ビジネスチャットのツールが便利です。送信してすぐに情報がパソコンへと届くので、業務の変更を行なう場合も柔軟な対応ができます。SNSのサービスとは違い、自社内で行なうためセキュリティ面の安全性もあります。

詳細を確認する

今までにない機能性

ガッツポーズ

オフィスなどに務める社員の勤怠管理は、会社にとって重要な事柄でしょう。時給換算で給与を支払う会社ならば、出社する日数や勤務した時間帯を記録しなければ、適正な給与を支払えなくなってしまいます。また、シフトの作成や一ヶ月の業務における収益の試算をする場合にも、この勤怠管理の情報は重要となります。休む社員が増えれば、それだけ業務が滞るようになるので、最終的な利益率も大きく変動することになります。記録ミスなどが発生した場合、会社の資金運用にも大きな影響が現れるため、経営にも響く重大な問題へと発展します。従来の勤怠管理方法といえは、紙を使ったタイムカードが主流でした。しかし、この方法では打刻に時間が掛かるほか、社員が不正に打刻することもあるため問題があります。そこで活用できるのが、パソコンを使った勤怠管理システムでしょう。専用のソフトウェアをダウンロードすることで、打刻用の機器を使っての勤怠管理が行なえます。リアルタイムで勤務状況の把握ができるほか。社員も出勤時の入力を素早く行なえるため、非常に便利なシステムなのです。

勤怠管理システムでは、社員が出勤の際に入力することで、出勤日数なども自動で記録されます。人為的な入力ミスや集計ミスを防ぐことができるので、より正確に勤怠管理ができるようになるでしょう。最近では、クラウドシステムを導入した勤怠管理システムも話題となっています。ネットからシステムをダウンロードできるので、ソフトウェアの購入費用を削減することができます。また、クラウドシステムに共通するネットを介しての情報の一元管理化によって、全国の支社の勤怠情報を調べることもできるでしょう。個々人の交通費の計算など、今までにない機能性も発揮してくれるので、このクラウド型の勤怠管理システムの導入で社内の業務効率も大きく向上するでしょう。